株 式 会 社
コーエイコンピューターシステム
平成元年創業の実績と信頼。あらゆる給食業務を手助けします。

「給食管理」「栄養計算」「食」のトータルシステム・ソフトウェア―栄養計算ソフトEIBUN(えいぶん)シリーズ

株 式 会 社
コーエイコンピューターシステム
「給食管理」「栄養計算」など「食」のソフトならおまかせ!
栄養計算ソフト「EIBUN Pro/Lite」好評発売中!
お問い合わせ
お問い合わせ番号0877-44-1668(香川本社)
▼全国の支店・営業所はこちら
▲表示を戻す
東京:03-6231-4101 / 名古屋:0568-35-2688 / 大阪:06-6484-7767 / 北海道:011-806-1429 / 福岡:092-686-8578
新着情報
2014.04.28
「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」の
報告書が公表
「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」の報告書が厚生労働省より公表されました。
この報告書を基に、平成26年度中に大臣告示が予定されています。
詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。
→厚生労働省ホームページへ
【主な改定のポイント】
  • 策定目的に、生活習慣病の発症予防とともに「重症化予防」を加えたこと
    ・エネルギー・栄養素と生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病、慢性腎臓病)の発症予防・重症化予防の関連についてレビューを行い検討。
  • エネルギーについて、指標に「体格(BMI)」を採用したこと
    ・エネルギーの摂取量および消費量のバランス(エネルギー収支バランス)の維持を示す指標として、体格(BMI:body mass index)を採用。
    ・成人期を3つの区分に分け、目標とするBMIの範囲を提示。肥満とともに特に高齢者では低栄養の予防が重要。
  • 生活習慣病の予防を目的とした「目標量」を充実したこと
    ・ナトリウム(食塩相当量)について、高血圧予防の観点から男女ともに値を低めに変更。
    18歳以上男性:2010年版=9.0g/日未満 → 2015年版=8.0g/日未満
    18歳以上女性:2010年版=7.5g/日未満 → 2015年版=7.0g/日未満
    ・小児期からの生活習慣病予防のため、食物繊維とカリウムについて、新たに6〜17歳における目標量を設定。
◆健康な食事を作るサポートを。Windows10対応/Excel帳票出力
   栄養管理ソフト「EIBUN Pro/Liteシリーズ」に関するお問い合わせはこちらから